上半身 改修~下地処理

ここでは、「上半身 改修~下地処理」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は、胴体をメインに製作しとりました。

大体、表面処理が終わった状態です。

DSCF1073.jpg


大した事はあんまりやってないんですがねw

エッジが全体的に甘く感じたんで、そこを重点的に処理しました

前側の縦の青い部分は丸みを帯びてたんですが

削り込んで直線的なラインにしてみました。

自分こーゆーのが好みなんでw

後は、定番のパーツを部分的にシャープに削り込んだくらいかな?

まぁ、今回一番の改修点は上半身と、下半身を切り離して回転出来るように

した事ですがw

とりあえず、回転できればいいかなと、思ったんで上半身と、下半身にポリキャップ

仕込んでアルミパイプで連結することに

最初はプラ棒で連結しようと考えてたんですが、丁度なかった・・・^^;

で、色々何か使えそうなものを探してたら、丁度アルミパイプの径が一緒だったんで

アルミパイプを使用する事に。

強度的にも丈夫だしこれはこれで良かったんじゃないかと思っとりますw

とりあえず、連結部分の画像をw

DSCF1063.jpg

画像っつっても穴しか見えませんがねw

この裏も、後でスジ彫ってディテ入れる予定です。

外さない限り見えない部分なんですがねw

でも、そのままってのもアレなんでw

実は、この部分は今の段階では外せるんですw

こんな風に

DSCF1064.jpg

中身はまだ、とりあえずでやったんで荒いですがw

赤いパーツも左右一体化にして後ハメ出来るようになってます。

このパーツは最終的には接着するんで、中は破壊しない限り見る事は

無いのですが、これじゃあまりにもヒド過ぎるので後で修正しますw

やり方はいたって簡単!

プラバンでポリキャップ挟んで周りにホットボンド流し込んで固めただけw

一応、念のため外れないように一工夫してますがね

ホットボンド流し込んでる時も突っついて隅まで押し込んだので

多分そのままでも、かなりの熱を加えない限り大丈夫だとは思いますがw

もし、ホットボンドが溶けるくらい高温になった場合、ホットボンドと一緒にプラも溶けそうですがw

下半身側も同じようにしています。

でもって、下半身と上半身の連結部分に1ミリのプラバン貼ってるんで、

実質、約2ミリ程延長されてます。

一応これも、今回の狙いだったりしますw

で、昨日パテ詰めてた足もちょこっとやってみました。

DSCF1062.jpg

説明書のイラストを参考にディテ入れてます。

で、足をもっとシャキっと見せたかったんで、つま先の方に1ミリのプラバン貼ってみました。

DSCF1061.jpg

この画像じゃよくわかんないけど、

サフ吹いた状態だと結構自分好みになってたかとw

後、気になってるのが肩の部分のポリキャップが見える状態なんで、

これをどーするか悩み中・・・

何か、簡単でいい方法ないかな?w

誰か、何か良い方法あったら教えてくださいww



ではでは・・・ノシ
コメント
この記事へのコメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/02/22(日) 03:07 | | #[ 編集]
相互リンクありがとうございます。

工作いっぱいされていますね。
自分もOOライザーを作りたかったんですけど、他に作らないといけないものがいっぱいあって手が出せませんでした…。

これからも宜しくお願いします。
2009/02/22(日) 22:31 | URL | うみんちゅ #-[ 編集]
リンクありがとうございます^^

>OOライザー

結構気になる部分はありますが、なかなかいいきキット
だと思いますよ~

こちらこそ、よろしくお願いします^^
2009/02/22(日) 23:12 | URL | AQUA #-[ 編集]
コメントを投稿する
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://projectfreedom.blog5.fc2.com/tb.php/106-3b14d89b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。